トップ学習計画

ステップアップの学習計画

このページでは、当サイトおすすめの学習計画について提案します。

やはり、同じ合格でも、効率よく合格したいものです。
下記の学習計画は、当サイトおすすめ短期合格学習計画です。なお、教材は当サイトで販売中のものを使用する前提となっていますが、他の市販されている教材でも応用することができますので、ぜひご参考にして下さい。

目安は12時間

合格までの参考学習時間は12時間とします。
もちろん、参考の値となりますので、それまでの予備知識の量や学習の状況に応じて増減してください。

学習計画表

標準時間
学習内容
使用教材
ポイント
1時間
過去問にチャレンジ
第1回目
学科問題集
(過去問収録)

問題の難易度・出題形式等を知ることにより、今後の学習を効率的に行えます。

海図問題は解かなくてよいでしょう。

1時間
DVD学習
第1回目
DVD

DVDを見て海図の解答方法やその他の問題を一通り把握して下さい。

1時間
暗記系問題の対策 学科テキスト

海流・天気図 等DVDだけでは記憶に残りにくい暗記問題の対策をして下さい。

4時間
海図問題にチャレンジ DVD
海図
海図解説冊子

DVDを見ながら海図問題にチャレンジしてください。

始めは導き出した値に大きな誤差がでて不安になるかもしれませんが、執着しないでどんどん他の問題に進んでみて下さい。数をこなせば問題パターンを把握できる上、誤差も自然と少なくなります。

気が付くと海図が難しいという考え方はすっかりなくなるはずです。

1時間
DVD学習
第2回目
DVD

2回目の過去問をやる前にDVDで一通り確認して下さい 。

今回は、海図の学習を終えた後なので、DVD解説に先回りするように海図を頭の中で描くのがよいでしょう。

1時間
過去問にチャレンジ
第2回目
学科問題集
(過去問収録)

本番と同じ10問以上正解を目標に、過去問にチャレンジしてください。

3時間
最終調整 学科問題集
海図
海図冊子

2回目に誤ってしまった分野を問題集から選んで行って下さい。

問題集は量が多いので、全て解かないで苦手分野克服のために使うのが最短合格の秘訣です。

過去問は計4回分収録されておりますので、確実に合格点を取れるまでチャレンジしてみましょう。

2回目で合格点を出せた方は、この時間にDVDで知識の再確認をするのもよいでしょう。

12時間

攻略法目次

目次: 概要|学習計画|海図問題のための道具を安く抑える方法試験日の流れと合格のコツ

お申し込み
操縦士免許国家試験日程表
書類ダウンロード
お問い合わせ
便利な各種お支払い方法
船舶免許ステップアップの独学攻略法
ボートスクールオリジナル教材販売
船舶免許更新センター