トップステップアップの攻略法 概要

ステップアップの攻略法 概要

このページでは、ステップアップの攻略法を掲載しております。
実際の受験者の経験や、ボートスクール教員のアドバイスに基づいて制作されておりますので、ステップアップを受験していただく際の参考となるでしょう。

※なお、このサイトをご利用いただく方のほどんどが1級へのステップアップをされるため、1級ステップアップの内容となります。

まずは肩の力を抜くために・・・

ボート免許ステップアップの合格率

上のグラフは、国家試験実施機関である(財)日本海洋レジャー安全・振興協会で公表されているグラフで、各級の学科試験合格率を表しています。

ステップアップは実技試験がないため、身体検査に合格する前提であれば、グラフの合格率=ステップアップの合格率といえます。

よって、ステップアップの合格率も、1級は80%2級は91%となります。

また、当サイトをご利用のお客様につきましては、現在88%以上の1級ステップアップ合格率を維持しており、教習所を利用した方を含めた上記の合格率を上回る実績となっております。1級というと難関というイメージがある方もいらっしゃると思いますが、適切な教材と、学習のためのお時間を捻出していただければ、確実に合格できる試験であるといえます。

自動車運転免許証と同じで、勉強しないで合格するのは難しいが、ある程度やれば誰でも取れる免許と考えていただいて結構です。

ステップアップのための科目と問題数

ステップアップの問題の内容

上の表は、現在お持ちの級からステップアップするために受けていただく科目と問題数を表しています。
ステップアップの大半を占める2級・旧3級・旧4級から1級へのステップアップの場合、上級運航㈵・上級運航㈼という科目を計14問解いていただき、10問以上の正解で合格となります。

ステップアップの難易度

船舶免許の学科試験の問題は、大きく分けると海図問題とそれ以外に分けることができます。

海図問題(1級のみ)

海図問題は、上級運航㈵に3問あり、海図に作図して導き出した数値に基づいて、4肢から正解を選択するという形式の問題です。

海図問題は、その他の問題と異なり、予備知識では答えを導き出すことが難しいことから、一般的に難易度が高いといわれています。しかし、問題に使用される海図は常に同じものであり、問題もパターンがありますので、繰り返し練習さえすれば確実に取れる問題といえます、

当サイトで販売している教材には、国家試験で実際に使用される海図の原寸大コピーが付属しており、DVDによる解説を見ながらいっしょに作図していただくことで、道具の使い方や問題のパターンも習得できる内容となっております。特にDVD解説は、作図の方法を動画で見ることができますので、本などで学習するよりも短時間でマスターすることができます。

海図以外の問題(1級・2級)

海図以外の問題も4肢から正解を選択するという形式の問題です。

内容は、既に船舶免許をお持ちの方にとっては常識の範囲内で解ける問題が多く、また、その他の問題についても理解に苦しむ様な問題はないといえます。

攻略法目次

目次: 概要|学習計画海図問題のための道具を安く抑える方法試験日の流れと合格のコツ

お申し込み
操縦士免許国家試験日程表
書類ダウンロード
お問い合わせ
便利な各種お支払い方法
船舶免許ステップアップの独学攻略法
ボートスクールオリジナル教材販売
船舶免許更新センター